【本屋×犬=最高!】愛犬と『軽井沢書店』に行こう!(長野県軽井沢町)

犬連れで店内に入れない場所は多いですが、本屋さんもその一つ。

ワンちゃんを連れて本屋へ…やってみたくありませんか?

そんな本好き愛犬家さんに朗報!

ペットフレンドリーな本屋さんがあるのです!

それはここ、長野県の軽井沢町にある『軽井沢書店』

2018年にオープンした『軽井沢書店』は、軽井沢らしく洗練されたオシャレな本屋さん。

さほど広くない売り場なのに、毎回いつも新しい発見や驚きが私たちを迎えてくれるのです。

この記事では、本屋らしからぬラインナップやおすすめの店内カフェもご紹介します。

軽井沢に来たら、ワンちゃんとの休憩はぜひ本屋さんで!ですよ。

目次

本屋なのに!店頭に並ぶのは本ではない!

軽井沢書店ホームページより転載

大型書店から古本屋まで、本屋ごとに多かれ少なかれ個性はありますが…

ここ『軽井沢書店』は驚くべきことに、毎回入り口の向こうに広がる世界が違うのです。

先日行った時はなんと、陶器市さながらの焼きものだらけの空間でした!

実際の店頭の様子

ちなみに、焼きものがズラリと並んだ棚の1つ奥の棚には、枕が売られていました

ついでに枕カバーまで

枕が販売されている
こちらは枕カバー

何でしょう、この本屋。

クセのある陳列棚を見て、毎回思わずニヤケてしまうのです。

さらにその奥の棚には、文房具が売られています。

ここで売られている文房具がまた素敵。

プレゼントにも良いですし、文房具好きにはたまらない品揃えだと思いますよ。

そんな『軽井沢書店』だからこそ、本のラインナップも期待しますよね!

本屋なのに!ラインナップに偏りがあって個性的!

軽井沢書店ホームページより転載

さて、肝心の本の売り場。

まず店内に入って左手には、新刊が平積みで置かれています。

かといって、他の一般的な本屋ほど新刊の種類が多いわけでもなさそう。

選別は、書店員さんの好み?それとも、軽井沢という土地柄を考慮したチョイス?分かりませんが。

軽井沢に関する書籍、長野県に関する書籍はこの奥の棚。

軽井沢にゆかりのある作家の本もこの辺りに並んでいます。

軽井沢書店ホームページより転載

オシャレな建物を特集した雑誌などもこの辺りに集められているので、別荘を所有している方は、こういった本が好みなのでしょうか。

ちなみにこのコーナーに、先日はONKYO製のポータブルのレコードプレーヤーが売られていました。

レトロなトランク風のターンテーブルです!

何このオシャレ!!

思わず心の中で絶叫です!!

お次は、店内に入って右手。

雑誌のコーナーです。

さらに単行本、文庫本、漫画本と、既刊本がズラリと並んだ棚と続きます。

驚くのが、そのラインナップの偏り!

例えば料理本のコーナーだと、一般的な本屋は、時短料理の本やダイエット料理の本が多い印象ですよね。

それがここ『軽井沢書店』に置かれているのは、素敵なワインの本だったり、リビングに飾りたくなるような装丁の本だったりする訳です。

建築やデザインの本の豊富さにも驚きました。

最近、デザインの歴史に関する本を探していた夫によると…

街の大型書店を探しても全然売ってなくて困っていたのに、ここ『軽井沢書店』だと、探していた本がいくつも見つかるのだそう!

インターネットで買うなら、その前に中身をパラパラ見てから買いたいのにな~と思っていたら、見たかった本がほとんどある!

と、興奮気味に話していました。

その代わり、例えば学生の参考書はさほどありませんし、漫画も多くないと思います。

軽井沢を訪れた時にホテルで読みたくなるような本、あるいは、別荘でゆっくり過ごす時間のお供にピッタリな本、ということなのでしょうか。

今はスマホ1つで買いたい本が自由に買える時代。

ふらりと休憩がてら立ち寄った本屋で、思わず手に取った1冊…

そんな縁こそ、これからの本屋が提供すべきサービスなのかもしれませんね。

ちょっとドラマチック過ぎますかね?

本屋なのに!ペットフレンドリー!

軽井沢書店ホームページより転載

ここ『軽井沢書店』に私たち夫婦がつい立ち寄ってしまうもう一つの大きな理由、それはペットフレンドリーなことです。

店内の入り口には、ペットカートが用意してあり、自由に利用できます。

さらに、自前のキャリーバッグを使用してワンちゃんが入店することもできます。

しかし、我が家の犬は超絶ビビリ。

ペットカートに大人しく乗っているのは無理ですから、一緒に入店する時はスリングを利用します。

リードで歩かせての入店や、ただ抱っこしただけの状態での入店はさすがにNGだと思うので、その点は注意してくださいね。

犬好きで本好きの我が家にとっては、「本屋」という空間に犬と一緒に入れる!というだけで嬉しいものなのですよ!

本屋なのに!カフェが最高!

MOTOTECA COFFEEホームページより転載
https://store.tsite.jp/karuizawabooks/shop/mototeca/

店内に入って左奥には、『MOTOTECA COFFEE』というカフェが併設されています。

美味しいコーヒーはもちろん、ここでは軽食を食べることも出来ます。

軽井沢にはたくさんのおしゃれカフェがありますが、このカフェはさすが本屋と併設なだけあって、購入前の書店の本が持ち込めるのです!

美味しいコーヒーを飲みながら…手作りスコーンをつまみながら…「どの本にしようかな」と、あれこれページをめくる…本好きにはたまらない時間です。

しかも、犬を留守番させていないので、時間を気にせずにゆっくり出来る!

犬好きで本好きな人が軽井沢のカフェに寄るなら、間違いなくここ一択ですね!

おわりに

犬と一緒に入店できる『軽井沢書店』いかがでしたか。

一般的な本屋さんとは違った雰囲気で、犬連れでなくても楽しい空間です。

まさかの、本好きでなくても楽しめる空間かも!?

ここ『軽井沢書店』で過ごしている時間は、なぜか自分も洗練されてオシャレな人間になったような錯覚に陥るから不思議なんですよね。
そこが、この本屋さんの好きなところです(笑)

ぜひ、カフェの利用だけでも一度訪れてみてはいかがですか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次