愛犬の散歩は『国立武蔵丘陵森林公園』へ行こう!(埼玉県滑川町)

たまには愛犬を思いっきり走らせてあげたい…

そんな願いは、ここ 『国立武蔵丘陵森林公園』 で叶います!

我が家は、夫婦の運動不足解消も兼ねて、犬を連れてこちらを何度も利用しています。

この記事では、『国立武蔵丘陵森林公園』 を訪れたことがない人でも安心して遊びに行けるように、公園全体について、我が家の体験談も踏まえてご紹介します。

ぜひ、次の休日に愛犬を連れて遊びに行ってみてくださいね!

目次

武蔵丘陵森林公園ってこんなところ!

森林公園内を散歩中の犬

『国営武蔵丘陵森林公園』は、全国初の国営公園です。

公園は雑木林を中心に、池沼、湿地、草地など多様な環境があり、貴重な動植物が多く育っています。

首都圏からも電車1本で来られ、東武東上線「森林公園駅」が目の前にあるので利便性も良く、都会の方にも自然を身近に感じられる場所として人気のスポットです。

広さはなんと、東京ドーム65個分!

この広さゆえ、入口も中央口、南口、西口、北口、と4か所に設置されており、それぞれに駐車場もあります。

散歩はもちろんのこと、サイクリングコースもあるので、自転車で自然の中を走る爽快感は最高!

レンタサイクルもあるので、手ぶらで来ても自転車を楽しむことが出来ます。

他にもキッズドームやアスレチック、水遊び場や植物園など、とにかく大自然の中で思いっきり体を動かしたりゆっくり休んだり、自由にのびのび過ごせて丸一日楽しめます。

お子さん連れで思う存分体を動かすのもよしデートでのんびり自然の中を歩くのもよし、です。

もちろんワンちゃんも入場可

『紅葉見ナイト』開催中の様子

武蔵丘陵森林公園は、ワンちゃん連れでも入場できます。

ただ、入場の際に簡単な登録が必要で、名前や連絡先、予防接種の有無などを紙に書いて提出します。

これでワンちゃんも公園内に入場できますよ。

犬の散歩で利用している方も多いので、他のワンちゃんもけっこう園内を歩いていますし、小さな子どもも多いので、リードをするなどのマナーは守りましょうね!

それでも、車が通る訳でもないし、サイクリングロードと歩道は分かれているので、一般道よりも圧倒的に危険が少ないと思います。

もしこの公園の近くに住んでいたら、毎日の犬の散歩に絶対利用するだろうなぁ~。

お花畑のゾーンがあったり、森の中だったり、水辺を歩けたり…四季折々の花も咲くので、毎日散歩に来ても飽きないと思いますよ!

春夏秋冬それぞれにイベントもあって楽しいのですが、中でも特にオススメなのが、秋に開催される『紅葉見ナイト』

「紅葉を見ないとね!しかもナイトにね!」というネーミングなだけあって、夜にライトアップされた紅葉が見られるイベントなのです。

広大な公園全体が夜も利用できる訳ではなく、カエデの木が多い一帯だけライトアップされていて、その範囲とそこまでの道だけ入場できるようになっています。

これもワンちゃん同伴可なので、夜の散歩にいかがですか。

大型犬も小型犬も利用しやすくて、アジリティー完備のドッグラン

ドッグランで他の犬と距離を取る犬

愛犬家さんにとって大事なポイントである、ドッグラン。

この公園のドッグランがとても広くて充実しているのです。

ドッグランは、北口に近いエリア、広大な公園の中では端の方に位置します。

公園利用のお目当てがドッグランなら、北口の駐車場に止めて入場すると便利ですよ!

ドッグランは、大型犬用と小中型犬用に分かれているので、大きな犬が苦手なワンちゃんも安心して利用できます。

これは、敷地の広い公園ならではの、嬉しいポイントですよね~。

しかも入場料は、園内に入る時に払う人間の入場料だけで、ドッグランの利用で別料金がかかることはありません。

利用時間も無制限。

しかも、とても広くて、トンネルや橋などのアジリティーが色々と設置されているのです!

これは、ワンちゃんも飽きずに遊べて楽しい!

自由に走れるだけのグラウンドではなく、障害物を自由に利用できるのが、この森林公園内のドッグランの一番のメリットではないかな~と思っています。

ドッグランのすぐ外側には、水道や自販機、休憩所もあるので、この付近だけの利用でも十分満足できると思いますよ。

我が家の犬はやっぱりここでもビビった

我が家の犬は極度のビビリ犬。

私たちが犬を連れて初めてこのドッグランを利用したのは、とある週末の午後、半袖で過ごせるような晴れた日でした。

小中型犬用の方には数人の飼い主さん、5匹ほどの小型犬がいました。

ドッグランの中ではワンちゃんたちはノーリードで過ごしているので、人懐っこい(犬懐っこい?)ワンちゃんは寄ってきてくれますよね。

私たちは犬が好きなので構わないのですが…我が家のビビリ犬は、案の定、逃げ回っていました。

それはそれでいい刺激かな~と思って、ある程度は放置。

その後は、他の犬と少し距離を取って、私たちを追いかけさせる感じで、鴨を少し走らせて、ドッグランを後にしました。

怖くて私たちから離れられない我が家の犬は、トンネルをくぐったりするアジリティーは出来ませんでした…

ポールを避けながらジグザグに進むアジリティーは、私がジグザグに進んでも、追いかける犬はショートカットして私のそばまで来てしまう始末。

初のアジリティ―体験は、ダメだコリャ~でした!

大人から子どもまで利用しやすくて、しかもワンちゃんも(ビビリじゃなければ)大満足な武蔵丘陵森林公園、家族みんなで遊びに出かけてみてくださいね。

武蔵丘陵森林公園について

開園時間

時間 期間
午前9時30分~午後5時 3月1日~10月31日
午前9時30分~午後4時30分 11月1日~11月30日
午前9時30分~午後4時 12月1日~2月末日

入場料

区分 一般 団体 2日間通し券
(一般)
2日間通し券
(団体)
大人
(高校生以上)
450円 290円 500円 350円
シルバー
(65歳以上)
210円 210円 250円 250円
中学生以下 無料

休園日 年末年始(12月31日、1月1日)および1月の第3、第4月曜日

正確な情報はホームページを確認してください。https://www.shinrinkoen.jp/

おわりに

ここの公園の特徴は、何と言っても広いこと!!

どんな大型犬でも、一日では走りきれない程の広さです。

狭いと物足りないかも…と心配の飼い主さん、安心して連れてきてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次